ずいぶん進んだ医学

昔に比べると髪型にも流行り廃りが少なくなったと感じます。

それは各々が自分に合う髪型と言うのを心得、

また単純に美容師の質、パーマの質、整髪料の質が高まった事によると思います。

 

くせ毛が結構ヒドい人も、今のパーマの技術ならストレートにもなります。

それは科学の進歩と共に、髪の毛や頭皮の事が解明されて来たからだと思います。

 

しかし、未だに良く解明されていないのが、

ハゲる原因、ホルモンの分泌の事などについてらしいです。

 

それでも、ほんの10年前までは「一度抜けた髪が生えてくる事はない」という定説が産まれ、

ハゲた人ほど落胆して来た気がします。

もしハゲた場合はカツラか増毛と言う方法しか無い。と。

 

しかし、プロペシアとミノキシジルの登場により、

その辺に関してはかなりの望みが起きた訳です。

そして、コレからも研究は続くし、

あと10年もすれば完璧に生えて来る様な薬も登場する筈です。

 

若いうちに金髪や、パーマ、ドレッドをかけた事で明らかに髪が薄くなった人もいるでしょう。

歳を取っても自分がしたい髪型をずっと続けて行きたいですよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


育毛シャンプー(男性)ランキング


おすすめ記事