カラーリング、パーマは頭皮によくない

ヘアカラーリングやパーマをしている人はたくさんいると思います。

しかしヘアカラーリングやパーマは少なからず頭皮に悪い影響をあたえてしまいます。
お洒落の為に自分で独自のカラーリングを続けていたり、髪が薄くなって来てボリュームがないからといってパーマをかけたりしていると、薄毛を早めてしまうことになりかねません。

毛自体が痛んで細くなったり弱くなったり、切れ毛の原因になることもありますし、カラーリング剤やパーマ液が頭皮につくとアレルギーが出たり、かぶれてしまったりひどい炎症をおこしたりしてしまい頭皮環境を悪くしてしまいます。

美容院に行ってもカラーやパーマをする時には美容師さんは手袋をしていますよね。
これは薬剤から手を守る為です。

手の皮膚に悪いものが頭皮に影響がないわけはないんです。

育毛シャンプーや育毛剤などを使用して熱心に育毛に取り組んでいる方はまず、ヘアカラーリングやパーマはしないことをおすすめしますが、どうしてもしたい場合やしなければならない場合には、自分の判断でせずに美容院などにいって刺激の少ない、やさしい薬剤で正しい方法で施術してもらうのがいいと思います。

そしてあまり短いペースで何度も繰り返さないこと大切ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


育毛シャンプー(男性)ランキング


おすすめ記事