ガイドライン

日本には沢山の男性型脱毛症に悩む人がいます。

未だに絶対という治療法はありませんが、自分にあった治療を続ける事により解消する事ができます。

 

日本皮膚科学会によって育毛剤・治療法を5段階で評価したガイドラインがあります。

 

Aランク 行うように強く勧められる

Bランク 行うように勧められる

C1ランク 行うことを考慮してもよいが、十分な根拠がない

C2ランク 根拠がないので勧められない

Dランク 行わないよう勧められる

 

になっております。

 

そして強く勧められているAランクに所属されるものがフィナステリドとミノキシジルです。

 

フィナステリドとは米国食品医薬品局が2番目に承認した男性型脱毛症の為の育毛剤成分です。

日本国内でもプロペシアをいう名前で取り扱いはありますが、購入には処方箋が必要になります。

 

ミノキシジルは米国食品医薬品局が最初に承認した男性型脱毛症の為の育毛剤成分です。

日本国内でもリアップという名前で取り扱いはあります。

主にドラッグストアで購入可能です。

 

日本国内でも世界で認められている育毛剤は購入可能です。

育毛剤で健康な頭髪を育てながら、育毛シャンプーで予防していく事が重要になってきます。

日々の繰り返しですが続けていく事が大事です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


育毛シャンプー(男性)ランキング


おすすめ記事