シャンプーの種類

シャンプーにはメーカーによって膨大な種類がありますが、成分によってシャンプーの種類が分けられることをしっていますか。

洗浄成分の種類によって大きく3つに分類されます。

シャンプーや洗剤には界面活性剤というものがはいっていて、この界面活性剤というのは油を乳化させて水に溶けやすくさせる成分で、シャンプーだと頭皮の油をとかしてすすいだ時に流れ落ちるようにする洗浄成分なのです。

 

この種類によって、高級アルコールシャンプー(石油系シャンプー)、石鹸シャンプー、アミノ酸系シャンプーに別れます。

まず、高級アルコールシャンプー(石油系シャンプー)、CMで大々的に宣伝していてドラックストアなどで大量にどこでも販売しているようなシャンプーはほぼこの種類のシャンプーなんです。

 

次に石鹸シャンプーとはそのまんま洗浄成分に石鹸を使っているシャンプーです。

 

そしてアミノ酸系シャンプーはタンパク質を作るアミノ酸を洗浄成分のベースとしているシャンプーで、美容院で使われているシャンプーや育毛シャンプーはほとんどがこの種類のシャンプーです。

 

具体的に何が違うのか、どれがいいのか、悪いのか、見分け方など一種類づつ説明したいと思います。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


育毛シャンプー(男性)ランキング


おすすめ記事