ノンシリコンシャンプーについて

最近、「ノンシリコンシャンプー」という言葉をよく耳にしますよね。

シリコン入りシャンプーはダメ、ノンシリコンシャンプーはいい、と。

実際はどうなのか、シャンプーにとってのシリコンとはなんなのか少し説明したいと思います。

シリコン入りシャンプーとは成分にジメチコン、シクロメチコン、シロキ、シリカ、メチコンとつくものです。

シャンプーにとってのシリコンとは髪を洗う際に指通りをよくしたり、髪をコーティングしたりする物なんです。

そのため一度使っただけでツルツル、サラサラになったように感じますが実際の補修効果はありません。

そして、髪の汚れをおとすためのシャンプーなのにコーティングするのはよくない、髪が呼吸できない、シリコンが毛穴に詰まって頭皮によくないなどと言われています。

 

しかし、その反面ノンシリコンシャンプーでもシリコンではない有害なコーティング剤を使用していたり、

シャンプーはノンシリコンでもリンス、コンディショナーにたっぷりシリコンを使っている商品もあります。

 

そもそも、安価で少量で洗浄効果のあるラウレス硫酸などを使っているためにシリコンを入れる必要が出てくるわけです。

いい成分を組み合わせてつくれば洗浄性もマイルドになり、指通りもよいので、シリコンを入れる必要がないのです。

 

ですから、一概にノンシリコンシャンプーがいいというよりは、良い成分悪い成分を見極めて自分にあったシャンプーを使いたいですね。

良いシャンプーは良い成分をたくさん使っているぶん、安い市販のシャンプーより高いのは当たり前なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


育毛シャンプー(男性)ランキング


おすすめ記事