ヘアサイクル

前回、毛髪にはヘアサイクルというものがあるということを言いましたが、ヘアサイクルとはどういうものなのか説明したいと思います。

 

まず、ヘアサイクルは大きくわけて「成長期」「退行期」「休止期」となります。

成長期とは生えて来た毛の毛母細胞が分裂を繰り返して、栄養が運ばれ成長する時期です。

産毛のような細い毛から太い毛になっていきます。

毛髪全体の8割から9割がこの成長期の毛で、ヘアサイクルのなかで一番長い2年から6年くらいだといわれています。

 

次の退行期は成長期が終わり、毛母細胞の分裂が減少し毛が衰退して行きます。毛根が頭皮の表面に近い所に移動していきます。

この退行期は2週間から3週間くらいで全体の1%ほどです。

 

退行期がおわり休止期になると毛母細胞の活動が完全に終わり脱毛し、次の毛が生える準備をします。

期間は約3ヶ月で全体の毛の1割から2割ほどです。

 

そして新しく生えてきた毛がまたこのサイクルを繰り返して行きます。

このヘアサイクルを正常に終えて自然に抜けた毛は自然脱毛となり問題はありませんが、頭皮の炎症や栄養不足などでサイクルが乱れると成長期が短く休止期が長くなったりして薄毛の原因になって行きます。

 

頭皮の環境を整える為にまず普段から出来るケアとして、生活習慣を見直して育毛シャンプーで正しく洗髪することが大切になってきますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


育毛シャンプー(男性)ランキング


おすすめ記事