人には人にあった育毛シャンプー

シリコン系シャンプーが体に悪いと言うのを知ってから、

美容師の勧めもあって石けんシャンプーを使い始めた時期があります。

 

歳を取ってきたせいか、こめかみの辺りの髪がごわつく様になり、

それまで髪を染めたりパーマをしてきた事の代償だと思って我慢してきましたが、

幾ら髪を切ろうが、こめかみ周辺の髪のごわつきがとれる事がありませんでした。

なので、その当時出ていた「洗い流さないトリートメント」的な物を付けていたのですが、

これも結局一時的な回復にしかならず、シャンプーで洗い流せば元通りごわつくだけに留まっていました。

 

石けんシャンプーを使う様になってから2ヶ月も経たないうちにこめかみのごわつきが消えたのは衝撃的な出来事でした。

髪の質も前より元気になった様な気がしています。

 

結局色々調べてみるとシリコンシャンプーも体に悪いと言うのではなく、

油にも水にもとけ込まない物としてあるのがシリコンと言う事で、

髪をコーティングしているだけに過ぎないので、

どのシャンプーを使うにも一番重要なのは「すすぎ」と言う事になる様です。

 

結局毛穴に詰まった汚れの大半はシャンプー液がほとんどで、

この毛穴のつまりが頭皮や育毛に良くないと言う事みたいです。

 

育毛シャンプーはこの汚れを出来るだけ取り除き、髪に直接アミノ酸を送り込む働きがあり、

育毛剤も浸透しやすい様にするみたいです。

 

育毛シャンプーは頭皮の環境を守り、髪に栄養を与えていますが、

結局の所「育毛には繋がっていない」みたいで、本気で育毛を考える様であれば育毛剤も併用しないと意味がないと言う事です。簡単に言うと「現状維持」が育毛シャンプーの役目と言う事ですね。

 

中にはシリコン系のシャンプーの方が髪のサラサラ具合を保てると言う人もいる様なので、

やはりその人の髪質や体質にあったシャンプーを選ぶ必要があると言う事です。

 

なので、育毛シャンプー一つとって見ても、効果があまり見られないと言う事であれば、他のシャンプーを試してみる必要もあるのかもしれません。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


育毛シャンプー(男性)ランキング


おすすめ記事