体内に毒素を貯めない

人間と言うのは体内に毒素を溜め込んでいます。

逆に言うと毒素が体内にない、と言う人はいません。

食べ物を食べると言う行為自体がまず毒素を体内に注入すると言う事なのです。

その食べ物の中から胃や腸で様々なビタミンやミネラルを吸収して人間は生きています。

食べ物を食べるとボーッとしてしまうのは満足感や血流が早くなるからですが、

何より毒素が体内に注入された事も大きいと思います。

これはアルコールにも同じ事が言えます。

 

毒素を体外へ排出するのは、

大便・・・・・・75%

尿・・・・・・・20%

汗・・・・・・・3%

毛髪・・・・・・1%

ツメ・・・・・・1%

と言う事になっています。

 

髪と言うのは皮膚細胞が死滅したものが蓄積されたものです。

また、体内にある銀やヒ酸などを巻き込んでいるので、体調なども髪の毛で探る事が出来る様です。

何もしていなくとも髪の毛が奇麗な方と言うのはしっかりとした生活が出来ていると言っても過言ではありません。

もし、身近に髪の奇麗な人がいたとしたら自分と何が違うのかを比べてみましょう。

 

自分が一番効果的であったのは「禁煙」でした。

それまでパサパサで言う事の聞かなかった髪に弾力が戻った気がします。

 

体の中に如何に毒素を貯めない様にするか、これが健康であり続ける理由の様です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


育毛シャンプー(男性)ランキング


おすすめ記事