分かりやすく育毛・発毛する生活環境を解説 1(食事)

1-髪に良いとされている食品を食べる

 

食品例:レバー、うなぎ、卵、大豆、チーズ、ミックスナッツ、牡蠣、緑色の野菜、鶏肉。

栄養的にはタンパク質、亜鉛、鉄分、ビタミンB2、オメガ3脂肪酸など、と言われています。

 

:実際に試した結果:

自分の場合は一般的にニオイや苦みが嫌われるレバーも卵もミックスナッツも大好きなので一週間の中で必ず摂取します(卵は一日一個を目標に)

ですが、一番効果が見られたのはショウガや唐辛子で作った辛くて温かいスープ。

また野菜中心の生活でした。

腸内の環境が正常だと通じもよくなり、健康になります。そうする事で血液の流れも良くなりますし、新鮮で清い血が頭皮まで行き届くのを感じました。

自分は低血圧なので他の方に全て当てはまるとは限りません。

 

 :逆に食べては行けないもの:

アイス、カップラーメン、ファーストフード、ラーメン、揚げ物

冷たいもの、カロリーが高いもの、油分が多いもの、塩分が多いもの

です。

一般の人にとってはアイスクリーム、ケーキ、ラーメン、揚げ物、カツカレーなどはごちそうに近い感覚があると思います。

しかし脂肪分の多い食事は胃もたれの原因にもなりますし、太る原因でもあります。

血液内に脂肪が溜まり血流も悪くなりますし、頭皮の皮脂に油が溜まりやすくなります。

頭皮に油分が多くなると細菌の繁殖が進み、頭皮に炎症や吹き出物が出来る事、毛穴を塞ぐ事で抜け毛の大きな原因になります。

同じごちそうでもステーキ(油分の少ない)ですと一般的に思われているのとは違い、髪には良い成分が入っています。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


育毛シャンプー(男性)ランキング


おすすめ記事