忘年会、新年会で気をつけたい事

年末も近いですが、

これから忘年会、新年会と、何かと飲まなきゃ行けない状況が続く時期だと思います。

そうなってくると気になるのが抜け毛ですよね。

酒を飲んだ次の日の排水溝への髪の溜まり方にはビックリしてしまいます。

 

しかし、実際の所、お酒が原因で髪の毛が抜けると言う事は無い様です。

お酒は血流を良くするので、逆に髪には良いと言う事です。

しかし、お酒の時に食べる脂っこいつまみ、煙草がなにより髪に良くないみたいです。

 

実際に喫煙を続けている人の髪と、吸った事の無い人の髪を見比べてみると、

髪のツヤ、髪の太さが全然違いませんか?

煙草はよく「百害あって一利無し」と呼ばれます。

ニコチンにより交感神経を促すのには役に立っているのは確かですが、それ以外は人体に害しか与えないみたいです。

特に何故髪に悪いのかというと、

タバコの害としてよく言われる「血管の収縮」

特に頭は常に人間の一番上にあり、血液が回りづらい場所である事は確かです。

またビタミンcも大量に失われるみたいですが、このビタミンcも肌を形成するのに非常に大事な成分らしく、

煙草を大量に吸う人の肌も衰えるのが早い様な気がします。

それが頭皮を硬くしてしまい、頭皮を形成する機能を果たさないみたいです。

頭皮が硬いと感じている人は気を付けた方が良いと思います。

なににしても煙草が髪に良くないのは明らかです。

 

脂っこいツマミ、特に揚げ物は大量の油を摂取してしまう事になります。

しかも揚げ物の油は安くて劣悪な油です。

そば屋などで出される天かすなども非常に体に良くないみたいです。

しかし油事態が悪い訳ではなく、基本的にオリーブオイル、胡麻油、シソ油、アマニ油などが髪にも良く、体にも良いみたいです。

また肉の脂も非常に良くないみたいです。

日本人は肉の脂身を喜ぶ傾向にありますが、

沖縄のラフテーの様にしっかり煮込んで油分を飛ばした物だったらコラーゲンだけを取れる形になるので非常に良いみたいです。

こういった悪質な油は頭皮を酸化させてしまうだけではなく、

毛穴を汚してしまい、非常に良くないです。

 

自分もお酒を飲みに行くと一気に煙草の量が減ります。

お酒を飲まないと一日に5本しか吸わないのに、お酒を飲みに行くと一箱吸ってしまう事がありますからね。

フライドポテト、鳥の唐揚げなど、脂っこい物を食べてしまった次の日はオデコとかテカりまくってないですか?

 

コレから忘年会、新年会の予定でびっしりなあなたは特に気をつけて下さい。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


育毛シャンプー(男性)ランキング


おすすめ記事