明けまして育毛!!!

あけましておめでとうございます!!!!!

 

立派に2014年になりました!!

今年は一体どんな年になるんでしょうか?

去年は本当に色々ありましたよね〜。

 

今年は午年です。

午は馬。

馬と言えばタテガミ。

 

人間の髪も哺乳類学的にはタテガミなんですって。

 

馬は何故タテガミが生えるのか?

これは頭部を温めたり保護したりする為に生えた物と推測されています。

それは人間も同じ。

人間も一番大事なのは頭。

全てを司る場所ですからね。

 

昔「寄生獣」というマンガがあって、

今年に実写化される様で波紋を呼んでいます。

何故か?実際にマンガを読めば分かるのですが、

あの世界観をどうやって再現するのか?と言う部分。

 

寄生獣の内容はミミズの様な未確認生物が人間の耳から入って脳を支配して、

頭だけすげ変わる、と言うもの。

ここで良く出来ているなぁ、と思うのが、頭全体は硬質化も出来るしゴムの様にもなれる「筋肉」全体が物事を考える能力のある細胞の集合体で、クビから下は通常の人間なのだが、血管や神経なども繋がってコントロールしているので、一般の「脳」が操るより、最大限の能力を発揮出来ると言うのに加え、

心臓を破壊されると出血多量で生命線を失い死んでしまうと言う事。

 

結局人間の髪は心臓や内蔵がないと成り立たないということで、

「まごわやさしい(詳細は次回)」と言う言葉に代表される様に、

結局は良い食生活をしていると髪も生えて来ると言うもの。

 

寄生獣の主人公と主人公の脳を奪えず右手に宿った寄生虫は仲良く共存する事になるんですが、

脳を奪った寄生虫に対して右手に宿った寄生虫は自ら食事をする事がない。

なので主人公の食生活にも口を出してくるんですが、

親の旅行中に自分で飯を作っていた主人公に「炒めた野菜を食べろ」と言って、めちゃくちゃマズい野菜炒めをしょうがなく食べるシーンがあるのですが、食べ終わった後「あの食事はよかったぞ!」と褒めるのが印象的です。

体の代弁をしてくれているかの様です。

 

年始から寄生獣の話ばかりになってしまいましたが、

どんどん健康志向になる昨今。

煙草を吸う人は減り、脂っこい食事をする人も少なくなって行くでしょう。

また食糧難やダイエットの事もあって、より健康的になるのではないでしょうか?

小泉純一郎元首相も原発ゼロ運動を始めるそうですが、

カロリーの消費、動物や植物の保存、資源の無駄遣いがどんどん減って行く様になればいいと思っております。

シャンプーも石油系が髪に良くないとされて去年一年間で大分人々の認識は変わったはず。

無添加、無香料でもニオイが気にならない様な商品も沢山出ています。

 

ほんの20年前の人を考えると、

煙草は一日に2箱、喫煙者も多く、髪にはスプレーし放題。

そういった時代があった訳です。

人間のエゴと言うのはコワい物です。

 

育毛が環境保護に繋がっているかはさておき、

そう考えると育毛を頑張れる理由になりませんか?

 

今年も皆さん育毛頑張って行きましょう!!!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


育毛シャンプー(男性)ランキング


おすすめ記事