梅雨の時期のヘアケア

こういう梅雨の時期に一番嫌なのが髪の広がり。

髪の中の水分が膨張してそうなる様で、

クセっけの人が一番嫌がる時期ですよね。

 

クセっけの人が普通の人より広がってしまうのは、

クセっけの人ほど髪の毛をいじるクセが多く、

髪の毛を痛めてしまう事で、その髪の傷から水分が入ってしまう量が多いと言う事みたいです。

 

また髪の広がりもしっかりとしたケアで大分抑えられます。

まずは弱酸性のシャンプーを使ってみましょう。

自分は弱酸性のシャンプーを使う様になった事で「まとわりつきすごてごわごわ」していた髪の指通りが良くなりました。

これには本当に感動しました。

育毛シャンプーの中にも弱酸性の物が多く発売されています。

髪を洗った後にタオルでしっかり水気を取った後に少量のオイルを髪全体に馴染ませ、10分間タオルを巻いて保湿するだけで次の日までしっかりサラサラになるので試してみて下さい。

 

ここで気をつけなければいけないのが、オイルを塗る際の髪のいじり方です。

揉む様に馴染ませて行かないと髪を必要以上に引っ張ってしまい、逆に髪に良くなくなってしまいます。

 

一番いいのは椿油。

そのほかには食用のエクストラバージンオイル。

スクワランオイル、ホホバオイル、ソンバーユなど、

いまでは通販などでも買えますし、ドラッグストアでも見かけますので、是非一度試してみて下さい。

 

これを知ったら大分梅雨の時期のイライラは解消されると思いますよ。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


育毛シャンプー(男性)ランキング


おすすめ記事