男性ホルモンがポイント

薄毛になる原因は様々なものがあります。

男性ホルモンは薄毛になる脱毛ホルモンと呼ばれるDHTを生成します。

これを抑えて脱毛を防ぐという目的で開発された育毛剤も多数販売されています。

それではこの脱毛ホルモンはどのような状況になると増えてしまうのでしょうか。

年齢とともに増えていく場合、生活環境の変化や、不規則な生活が原因でホルモンバランスが崩れて脱毛ホルモンが多くなってしまう場合などが考えられます。

数年ぶりに会った友人がいきなり薄毛になっている事がありますが、環境の変化やストレスの影響でホルモンバランスが崩れ、薄毛になってしまったように思われます。

こうした場合は不思議なもので、頭は薄毛になるのに、体毛は濃くなったりします。

このような症状が見られる場合は、専門医などのカウンセリングを受ける必要があるように思います。

春は周囲の環境が大きく変わる時期でもあります。

割と気軽だった学生生活から卒業とともに仕事だけの日々になったり、転勤や一人暮らしの開始によって食生活のバランスが崩れたりといった、ストレスが溜まる原因が溢れています。

ストレスは髪の毛の大敵です。

規則正しい生活や、バランスの良い食事など、当たり前の事をしっかりと持続させる事がホルモンバランスも整えますし、薄毛の進行を食い止められるでしょう。

春には脱毛や薄毛は急激に進行する場合も多いですし、事前に育毛シャンプーや育毛剤でしっかりとケアをしながら春に備えましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


育毛シャンプー(男性)ランキング


おすすめ記事