育毛シャンプーの成分の数

たくさんの育毛シャンプーがありますが、育毛シャンプーを選ぶ時に分からないながらも裏の成分表をみたり「天然成分○○種類配合」などの宣伝文句に引かれたりしますよね。

ただ、配合成分がただ多ければいい育毛シャンプーというわけではないんです。

まず、シャンプーの成分表示は食品などと同じだと思うんですが、たくさん入っている成分の順番に上から表示しなければいけない決まりがあります。

そして「天然」や「無添加」などと表示することには特に規制はないんです。

ですから最初の方に書いてある成分がそのシャンプーのベースになってきますし、いくら天然成分やハーブなどの種類が多くてもほんのちょっとずつしか入ってない場合もあります。

ほんのちょっと天然の成分が入ってるだけで、ほかに頭皮にあまり良くない成分で出来ている場合でも「天然」と表記することが出来てしまうんです。

もちろん天然の成分は頭皮にやさしかったり、ハーブにはリラックス効果もあります。

しかし、天然の成分の中にも体質などによっては頭皮にあまりよくない成分もあります。

育毛に効果のある成分はたくさんありますが、ハーブの種類の多さや、育毛に効果がある成分の種類の多さばかりに気を取られてはいけません。

なんでもかんでもたくさんの種類の成分が入っていればいいということではないんですね。

何よりも、オイリー肌、乾燥肌、アレルギー、薄毛の原因など、自分にあったシャンプーを選ぶことが大切だと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


育毛シャンプー(男性)ランキング


おすすめ記事