育毛シャンプー後のドライヤー

育毛シャンプーで育毛に取り組んでいる方、シャンプーした後にはドライヤーをかけていますか。

髪が痛むからといつまでも濡れたままにしておいたり、濡れたまま寝てしまうと頭皮が蒸れて雑菌がわきやすくなってしまいます。

また自然乾燥させると季節などによってはかえって乾燥する場合もあります。

しかしドライヤーで長時間、高温で乾かしすぎると、髪や頭皮の水分を奪いすぎてしまったり、熱で炎症を起こしてにダメージをあたえてしまいます。

 

ドライヤーでは髪よりも頭皮を乾かすということを心がけて下さい。

髪の根元に指を入れて髪を浮かせてゆらすようにしながら根元に風を当てるとうまく頭皮を乾かせると思います。

あまりドライヤーを頭に近づけすぎず手早くかけるのがいいでしょう。

 

育毛シャンプー後に育毛剤をつける場合も、育毛剤をつけてすぐにドライヤーで乾かしてしまうと育毛剤が頭皮に浸透する前に蒸発してしまうおそれがあり、効果が十分に発揮されませんので、育毛剤をつけた後は基本的には自然乾燥がいいので、育毛剤を付ける前にある程度、頭皮を乾かしておいた方がいいでしょう。

 

育毛には適度な水分量が大切ですので、育毛シャンプーで洗髪した後には正しい乾かし方をしてみてください。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


育毛シャンプー(男性)ランキング


おすすめ記事