育毛成分の効能

育毛シャンプーなどの効能というと、単に直接毛を生やす成分の効能だと思いがちですが、

育毛成分の効能とは、「皮質の除去」「栄養補給」「保湿」「消炎」「男性ホルモン抑制」「血管の拡張」「抗酸化」などの成分が組み合わされて、抜け毛予防や育毛に繋がって行くんですね。

例えば「角質の除去」、一般の市販のシャンプーは洗浄力は協力ですが、必要な油分まで洗い流してしまい、かえって皮脂の分泌量が増えてしまいます。

余分な皮脂だけを落としてくれる洗浄力、成分が育毛シャンプーには必要ですね。

皮脂の分泌を抑える成分には、ビタミンB6、カシュウ、イオウ、チオキソロン、褐藻エキス、海藻類エキスなどがあります。

 

次に「栄養補給」、余分な皮脂を除去した毛穴に必要な栄養をあたえることによって頭皮の細胞を活性化させ育毛を促します。

栄養を補給する成分には、ビタミンA、ビタミンB2、ビタミンB6、亜鉛、アセチルメチオニン、イノシトール、システィン、セリン、ワレモコウエキス、ポリリン酸、ケラチン、ヨウ化ニンニクエキス、ユッカグラウカ根エキス、ヒバマタエキス、発酵エキスなどです。

ちなみにこれらの成分は、食事から接種出来る物もありますから、普段の食生活からも取り入れて行きたいですね。

 

そして「保湿」これは肌と同じで過度の乾燥は頭皮にも良くありません。

フケやかゆみの原因になり頭皮の代謝を低下させ抜け毛の原因にもなりかねません。

保湿成分には、アロエ抽出液、オトギリソウエキス、海藻エキス、キトフィルマー、キナエキス、ゼニアオイエキス、ピロリドンカルボン酸ナトリウム、ピロリドンカルボン 酸、ヒアルロン酸、オタネニンジンエキス、、ユズエキス、アルテア抽出液、ワレモコウエキス 、サンザシエキス、イチョウ葉エキス、昆布エキス、BG、米ヌカエキス、ヒオウギエキス、ジオウエキス、キナエキス、マツエキス、オドリコソウ花エキス、 スギナエキス、ヒバマタエキス、オオウメガサソウ葉エキス、、コメヌカスフィンゴ糖脂質などがあります。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


育毛シャンプー(男性)ランキング


おすすめ記事