薄毛の原因

薄毛の原因は様々あります。

生活習慣の乱れストレス食事飲酒喫煙遺伝…挙げ切れません。

普段何気なくしている行為が薄毛を促進させるものであったりもします。

ただし、どのような事が原因となるにしても、結果として薄毛となるのは毛周期とよばれるヘアサイクルが乱れてしまう為です。

通常、ある一定期間伸びた髪の毛は自然に抜け落ちるようになっています。

そして新しい髪の毛が生えてきます。

通常髪の毛は一つの毛穴から一本の産毛が生える事から成長が始まります。

個人差はありますが、平均して一日に0.3ミリ程度成長するといわれています。

産毛から成長し始めるこの期間を髪の毛の成長期といいます。

男性だとおよそ2~5年程度この成長期が続くといわれています。

女性ですと6年ほどだといわれています。

この期間は髪の毛は活発に成長を続けます。

成長期が終わると毛根が退化する退行期となり、その後成長は完全に止まり、休止期に入ります。

この休止期に入った髪の毛は自然と抜け落ちます。

髪の毛の寿命が尽きたという事です。

ヘアサイクルが正常ならば、2ヶ月もすると抜け落ちた毛穴からまた産毛が生えてきまして、また成長期に入ります。

しかし何らかの成長抑制因子によってヘアサイクルに異常があると、髪の毛は生えて来ません。

リスクを少しでも減らし、髪の毛の成長の支えになる事をするのが発毛、育毛の基本といえるでしょう。

育毛剤や育毛シャンプーを生活の中に取り入れるのは基本です。

そして薄毛のリスクを減らす意味でも生活習慣を今一度見直してみるのも良いでしょう

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


育毛シャンプー(男性)ランキング


おすすめ記事