薄毛対策 食材2

前回紹介したのは

「納豆」

「レバー」

「みかん」

でした。

 

今回はその他の食材を紹介します。

まずは「牡蠣」です。

海の物全般は基本的に「タウリン」を多く含んでいるので髪には良いと言う事です。

タウリンは内蔵の消化器官を高める役割があるので血行がよくなる。

その中でも牡蠣は疲れを取って、髪にもなめらかさを持たらすアミノ酸。

なにより髪を作っている亜鉛が他の食材の数倍入っています。

なので、薄毛に悩んでいる人は毎日でも食べたい食材な筈です。

しかし、中々高いですし、生で食べるのは品質や鮮度が良くないと行けません。

 

次は「ナッツ系」

一般的にはアーモンドが亜鉛が多く入っているらしく、良いとされていますが、

ナッツ系全般は血流を促進させる効果があるので育毛にいいと言う事です。

納豆も元を正せば大豆ですし、ゴマも豆ですよね。

ゴマはセサミンが髪に良いと言う事を言われています。

 

そして卵。

卵は毎日食べる物ですが、

昔から何かと栄養価の高い卵は重宝されて来ました。

 

サーモンやチーズもいいとされています。

切り干し大根やひじきもいいと言われています。

 

そして、様々な物をバランス良く食べる事が何より健康的になり育毛にも繋がると言う事です。

 

なので、食事以外でもしっかりしたシャンプー、マッサージ、生活習慣を行なっていないと食べているだけでは何ともならないと言う事でしょうね。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


育毛シャンプー(男性)ランキング


おすすめ記事